浅井禎夫

 当番のときはいつも食材の荷物をいっぱい持ってハーバーにやってきます。川奈へ クルージングのときも朝から山のような料理をだしてくれ 「このクルージングでは4 キロ太ってもらいます」とのたまい、実際にみんな太って帰りました。明るく快活な 奥様は出色です。
    

新井 智代

  潮路外洋ヨットクラブの数少ない女性会員です。そしてベテランのダイバーです、人魚が 海底から姿を( 人魚は誉めずぎ? )現して今度はヨットを制覇です。
      
     
    

井上雅之

 この人が潮路号にいるときは艇のステレオデッキから加山雄三の曲がずーと ながれています。カメラと駄洒落が好きです。「ヨットによっとく~」   てな具合です、好調なときはダジャレ連発です。
    

井上裕一

 何と言っても幅広い人脈とバイタリティーを併せ持つ人です。 藤沢周辺の飲屋街ではどこへ行っても人が寄ってきて大歓迎でした。 わがクラブに入会し たとき、すでに同姓の名の会員がいたのでこちらは ”寅” と 呼ばれることになりました。以来 “トラちゃん” と呼ばれて親しまれています。  
    

内海智行

 10代の終わり頃この江ノ島でディンギーを始めたそうで、その後海外勤務、 子育て等に奮闘し近年海に戻ってきました。
      
     
    

猿渡祐吏

 なんといっても、この人がいなければ潮路Vは動きません。エンジンをはじめ として、バウからトランサム、マストトップまで、潮路Vを知り尽くしている。 いつも船の手入れをしてもらっています。感謝、感謝です。
      
     
    

重田 一郎

  潮路外洋ヨットクラブにとって大変貴重な会員です。毎年会費をキチット納めながら 数十年来ヨットにきた事がありません、会員の中には顔を知らない者もいます。         2015年、艇の ( 潮路VIに ) 更新を機にハーパーにやってきました !  大歓迎です。
      
     
    

品沢公治

 わがヨットクラブの設立メンバーの一人で、2013年まで現役でした。その功績を讃え 名誉会長をお願いしています。 現役の医師として、いろいろ社会事業にも参加されているようです。

      
     
    

鈴木章夫

  ヨット歴20数年ながら永遠のドシロウト酔っと・マン。料理上手の多い潮路V号のなかで 、影の料理長(クルージング中に他に料理するメンバーがいないときのみ活躍)として自認し ている、得意料理はトマトシチュー、ポップコーン(?)等々。
      
     
    

寺村 慶

 当クラブのなかで若手のメンバーです。掃除が好きで、いつも潮路のハルを磨いてい ます。おかげで最近は潮路号の船体が光っております。
      
     

    

徳永忠志

 江ノ島、春夏秋冬、晩秋から初冬が最高です。
高い空、富士山、大山、大島、北風一番で す 。帝国ホテル目指しコック見習い中。ワイン、フランスパンのガーリック焼、キムチうど ん 動く別荘へどうぞ。       
     

    

中坪英紀

 潮路ヨットクラブではめずらしく化学関連の仕事を生業にしています。 氏が乗艇するときはいつも珍しいワインを進呈してくれます。ワイン関係の仕事をしている 友人から仕込んでくるそうです。「アザブ・ジュバァーン」などと怪しげな外国語を操る影 のコック長と違って、ちゃんと通じる英会話ができます。
     

    

森 成功

  わが潮路外洋ヨットクラブの会長です。
近年は南シナ海まで足を伸ばし航海しています。某国営のNテレビ局が取材に来たとき、 自分の艇が定員オーバーということで断ってしまい(TVクルーは5、6人)、放映は2分くらいでした。
      
     
    

矢部 正

  最近ダッチオーブン鍋に凝っています。この鍋でいろいろおいしい料理を作ってくれます、 ただ他にだれもこの鍋を使いこなせません。氏が乗艇しないときはダッチオーブンもお休み です。