6月 2018アーカイブ

別れ

そっとブラを外すと、今まで窮屈になっていた大きな胸がボン!と解放されました。
早速直に触ってみると、乳首がピンと張っています。
指の腹で上手に転がしtメイルと、

「はぁっ、・・・。はぁ〜ッ!」

ととてもスケべな声が漏れます。

「〇〇君、ダメだよ、みんなから見られちゃうよ・・・・」

もちろん私が用意したセリフですが、実際に言ってもらうと相当興奮します。
ちょっと嫌がるぐらいがちょうどいいんですね〜。
なんか本当に学生の気分になってしまいまして、あの頃を思い出しながら嫌がる彼女に色々とイケナイことをしました。
彼女の唇はとても柔らかくって、吸い込まれていきそうです。
そして首元はとてもいい匂い、何度もクンクンと匂いを嗅ぎました。
胸はすべすべしていてとても柔らかくて、餅のように張りがあります。

当時聞いていた流行りの音楽やファッションが高速で頭をよぎります。

もう私の下半身はもうビンビンです。
きっと彼女の下半身もぐちょぐちょです。
これがデリヘルではなかったら挿入していたでしょうね・・・。

私は騎乗位の対位で手コキをしてもらいました。
すでに一回イってしまっているので、なかなか出ません・・・。
彼女は焦っているようにも見えましたが、その焦り様が可愛らしく、しばらく見とれていました。

「ごめんなさい・・。頑張ってるんだけど、なかなかイかせられなくて・・・。」

わたしは「いいんだよ、頑張ってるところ見れたから満足だよ」

というと、彼女は私の胸で泣いてしまいました。

「!?」という顔をしていると、悔しくて泣いてる彼女を何だか愛おしく感じます。

このまま終わってしまうのもかなり名残惜しいので、ダメ元で次回プライベートで会う約束をしてみるとあっさりOKをもらったのです。
本当はこんなことしてはいけないということはわかっているのですが、この子にハマってしまったのでしょうか?「怒られてもいいや」という気持ちになってしまいました。
きっと女の子の方もそういう気持ちなんだと思います。

また会えることを信じ連絡先を交換して、満足した今日を終えました。
別れ際はフレンチキスでした。彼女の目つきは何だかか寂しそうで、どこかに連れ去られてしまうような感じに見えました。

また会えるからフレンチキスなんだ。
私はそう思うことにしたのです。

この日から数日間、彼女のことをしばらく考えていましたね〜。