5月 2018アーカイブ

Sですが何か?

昨日会社帰りに立ち寄ったコンビニに、結構ストライクなHな本がありました。
たち止まって本を手に取るなんてなかなか勇気がいりましたが、間近で見るととてもそそるものばかり。
この時が初めてでしたね、コンビニでエロ本買うのは。

早速家に帰って封印を外し、見てみると、とてもコンビニで売っていいものとは思えない程の過激さ。
いろんな意味でやばい感じの本でした。「SM特集」なんてページでは、お姉さん達がとても恥ずかしい格好で男性からいじめられています。
私はちょっとSプレイにハマりつつあります。

女の子を拘束して、いやらしいことをする。
最終的には全て受け入れて、懇願してくる・・・。
んー、考えただけでも興奮してきてしまいます。

そして興奮が抑えられなくなると、私はデリヘルを呼ぶ事にしたのです。
福島市内にはSM専門店と謳う店が1軒ある。名前がとても印象的なので、SM好きなデリヘルユーザー以外も知っている事だろう。
私は初めてのSMデリヘルに興奮してきました。

「どんなことされるんだろう?」
「痛くされるかな?」

なんて不安が次から次へと出てきます。
まずは実際に会ってサービスを受けないとわからない!という事で、気づいたらホテルへと足を運んでいました。
しかし今日に限っていい感じの女の子がいないとは。。。

オフィシャルホームページの出勤だけではなく、違うサイトのホームページも見てみよう!となり、まとめサイト的な所に行くと、オフィシャルには載っていない可愛らしい女の子がいるではありませんか。
しかしなんでオフィシャルに載ってないんだろう?
不安を抱えたままとりあえず店に電話をすると、あっさりその子の予約が取れてしまった。
おっかなびっくり、何でその子がオフィシャルホームページでは出勤していないことになっているのか聞いてみると、まとめサイトがどのぐらい見られているのかを測っているということだった。
なるほど、これは賢いやり方だ。

ま、利用する私たちには何のメリットもないが・・・。

そんなこんなで早くも予約をした女の子がやってきた。
部屋に入らせると、なかなかいい感じのいじめがいがある女の子である。
ちょっとビビっている感じがするが、これが演技だったら相当すごい。

まずはお約束のお支払い。
コースは90分のいじめっ子コースにしてみた。
意外と料金は高めの設定で、90分で19000円もした。
元を取るべくまずはお風呂に入り体を清めます。

シャワーを浴びていると神聖なドS神が降りてきたように感じました。
想像すればするほど、いじめたくなってきます。

事前に何をしてもOKということを聞いていたので、私は立ったまま彼女の腹あたりにおしっこをぶっかけました。

「いやっ!」

演技でしょうか?本気でしょうか?
調子に乗って頭の上からおしっこをかけてやりました。

「いや〜、やめて〜!」

私はどんどんエスカレートしていき、まだ体を全部洗っていないというのに、ストップが効かなくなってしまったのです。
ある程度女の子の体を愛撫し終わると、気持ちがちょっと冷めてきたような感じになったのです。

思い出の匂い

これはまずいなと思いつつ、どんないじめ方をすると興奮するのか、実験してみようと思いました。
まずは定番の、踏みつけです。
裸の女の子を寝かせて、私の汚い足で踏みつけてみました。
最初は嫌がっていたのですが、乳首あたりをチョンチョンと優しく踏みつけると、彼女は体をクネクネと捻りながら気持ちよがっているように見えました。
そして、次は軽くお尻を叩いてみました。

ぺちーっ!ぺちーっ!と快音が部屋中にこだまします。
その度にヨダレを垂らしながら悦んでいるようです。

私は事前に調べたのですが、「寸止め」という技が結構いいらしい。
イク寸前にやめたり、触ろうをしてやめたり。
「焦らし」というやつですね。
本で見た通りに彼女にしてみると、本当に懇願してきました。

「お願いだからイカせて〜」

なんて言葉を聞いたらどうします?
興奮度MAXですよね〜。

私はあまり焦らすのもかわいそうだと思い、腕に自信のある手マンで一気に昇天させました。
高速で繰り出す振動と出し入れは本当に気持ちが良いのでしょう。
肘まで愛液が滴り落ち、最終的にはビクッビクッと痙攣しながら崩れ落ちていきました。

南極の雪崩のようにゆっくりと沈んで行くその姿を見ると、達成感と優越感、背徳感がごちゃ混ぜになった感覚に陥ります。
10分ぐらいインターバルを置いて第2回戦と鳴りました。
今度はちょっと私が責められたくなってきましたが、ドSのふりしている今は何だか恥ずかしくてなかなか言えません。
でももうSプレイは飽きてきました・・・。

勇気を振り絞って「SとM交換しない?」と提案したところ、彼女は笑いながら「いいよ」と言ってくれました。
やっぱり最後は責められて終わりたいですよね?

彼女は早速私を四つん這いにさせると、後ろから玉と竿を同時に愛撫してきます。
そのテクニックは本当に天下一品で、イクまでに時間がかかりませんでした。
まだ始まったばかりだというのに射精をしてしまった私は、ちょっと恥ずかしくなってしまいました。

男性は1度イクとなかなか復活しない生き物です。
私も例外ではなく、最低10分は欲しいところです。
その間何もせず、彼女とSMの話で盛り上がりました。
なんでも、彼女はもともとMではなく、ドSだったそうです。
何人かとドMプレイをしているうちに、一転し、ドSになってしまったということでした。
正直なところ普通のHの方が好きらしいですが、たまにはこういった変わったプレイも良いんでしょうね。

そんなことを話しているうちに復活してきました。
次はS、Mときて普通の感じですることに、設定は放課後の教室で、居残り勉強をしていたらヤられちゃうというストーリーwww

早速そのシチュエーションが始まりました。
私はその恋人という役らしいです。

ホテルの化粧代を教室の机に見立てて、勉強しているふりをしている彼女に、後ろから抱きつきました。
胸を揉んでみましたが、とても柔らかくて揉みごごちの良い胸です。
首筋は若い女性の匂い。
汗と香水が混ざった柑橘系の匂いです。